2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キジムナーフェスタ2009シンポジウムに参加

8月4日に沖縄市で開催された「キジムナーフェスタ2009」のシンポジウムに、花崎攝がパネリストとして参加しました。
詳細はこちら:キジムナーフェスタ2009シンポジウム

国際シンポジウムⅡ International Symposium II
副題 :児童虐待・家庭内暴力に芸術は何ができるか ~女性の視点から考える~

竹森茂子、蟹谷怜子も観客として同席したのですが、そこでサプライズがありました。
ラップ・マム+が昨年6月に行った公演「女たちのコラージュ」から、1シーンを会場で演じてみることに。
子どもを紙袋に入れる場面をやりました。
シンポジウムの中でパフォーマンスをやるというのは、見る人の反応もダイレクトに伝わるし、新鮮でした。
フォーラムシアターの流れに通じるものがありますね。
演劇とは本来このようにして開かれる(やる人と見る人が意見を交し合う)ものなのかもしれないと思いました。

コラージュ
2008.6「女たちのコラージュ」より 撮影:杉原千賀子さん

by かに

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://rapmam.blog33.fc2.com/tb.php/14-2650c214

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。