2008 101234567891011121314151617181920212223242526272829302008 12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ラップ・マム+とは?】

1993年から「フェミニズム演劇」として等身大の女性を描き好評を博した劇団「リリスの足」の活動を経て、98年、竹森がウーマンズ・アート・ネットワーク“ラップ・マム”を発足。様々な分野の女性表現者との共同作業を目指し、メキシコの路上演劇祭や日韓女性アート・ネットワーク交流などに参加する。

00年からは、女性への暴力や労働問題・キャンパスセクハラなどのフォーラムシアターや演劇ワークショップを展開。06年、コロンビアで開催されたマグダレーナ・プロジェクト(国際女性演劇・パフォーマーネットワーク)で芝居を上演。08年3月コロンビア国際女性演劇祭に招聘されダンサー・俳優・学者などとのワークショップによる「女たちのコラージュ」を上演、6月に新しいグループ「ラップ・マム+」として公演を行ない、好評を博する。
これからの予定は「女性のための演劇ワークショップ」、「女たちのコラージュ」全国公演、新作「パサレラ」(パトリシア・アリサ原作)上演など。
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。